前へ
次へ

正社員登用と人材派遣会社との関係

人材派遣会社で働く場合、正社員として働くことは難しいのかと考える人は少なくありません。
しかし、必ずしもそんなことはありません。
紹介予定派遣と呼ばれる制度が存在しているため、紹介予定派遣で働くことで、正社員登用が可能となりました。
紹介予定派遣とは、企業に派遣されて一定期間は派遣社員として働き、双方が合意すれば正社員として働くことができる制度です。
突然正社員として働くことができても、会社と本人との相性が良くない場合は、やめてしまうことも少なくありません。
入ってすぐやめることを防ぐ制度であると同時に、派遣会社が間に入って正社員登用しているため、正社員登用の折に契約内容を人材派遣会社に交渉してもらえるのがメリットです。
自分だけでは希望通りの条件で働くことができないため、不満を抱えながら働くことは多いでしょう。
紹介予定派遣であれば、安心して働ける環境を整えられるよう最大限の配慮をもって働くことができるため、トラブルが少ないといわれています。

Page Top